ニキビ原因

ニキビの原因 その1

現在日本では、約300万人がニキビに悩んでいると言われています。

 

ニキビは皮脂線の活動がもっとも活発な思春期にできやすいもので、
いままでは20歳過ぎてからできたニキビは吹き出物と言われていました。

 

10代の男女80%以上にニキビはあらわれるので、確かにニキビは青春のシンボルです。

 

そうはいっても、若いころにニキビができるのは仕方がないことと放置していてはいけないのです。
ニキビは皮膚の病気の一種だからなのです。

にきびの原因 その2

また、成人を過ぎてもニキビはできるものです。
最近ではたくさんの人が専門的なクリニックなどに通っています。
ニキビは医学的には尋常性座瘡といわれます。

 

尋常性座瘡ができる条件がそろえば年齢に関係なく発症するので、
20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもニキビはできるのです。

 

余分な古い角質が皮膚表面からはがれることができなくなると、
徐々に角質層が厚くなり毛穴をふさいでしまいます。

 

そして、皮脂が外にでることができなくなって、皮脂線の中にたまりはじめます。
これがニキビのでき始めなのです。

ニキビ顔の洗顔時の注意点とは?

過剰な皮脂の分泌や角質が厚くなってしまうことで毛穴が詰まると、ニキビの大きな原因になります。
その過剰な皮脂を洗い流し、角質を取り除く効果のある洗顔は、ニキビ予防には欠かすことができません。

 

洗顔をするときの注意点を見ていきましょう。

 

まずはどのような洗顔料を使ったらいいのでしょうか?

 

ニキビにとっていいとされる洗顔料の条件は、弱酸性で肌に刺激が少ないものです。
また、余計な着色料や香料などの添加物が入っていないものがいいでしょう。

 

私たちの肌はもともとと・・・